おしゃれで自然な仕上がりのウィッグ通販店を調査

お気に入りが見つかる!女子のウィッグ通販ガイド

どのタイプがお好み?ウィッグの種類

  • ショートショート
  • ミディアムミディアム
  • ロングロング

前髪・部分用ウィッグ

「ウィッグにチャレンジしてみたいけど、似合わなかったらどうしよう…」「高いウィッグを買うのはちょっと勇気がいる」という女性には、前髪ウィッグや部分用ウィッグをおすすめします。部分用ウィッグの種類や特徴、メリットとデメリット、選び方のポイントをまとめているので、部分用ウィッグの通販購入を検討中の方はぜひチェックしてみてください。

部分用ウィッグとは?

部分用ウィッグは、その名の通り部分的に装着するウィッグです。別名ヘアピースとも呼ばれています。部分用ウィッグの代表的アイテムが前髪ウィッグです。

ハーフウィッグも部分的に装着するウィッグですが、部分ウィッグはもっと小さな範囲に装着するウィッグになります。ウィッグだと気付かれることはほとんどありませんし、フルウィッグやハーフウィッグと違って型崩れの心配がないのでウィッグスタンドも不要。保管しやすく、日常的なヘアアレンジで使いやすいのが魅力です。

部分用ウィッグの種類

部分用ウィッグは、取りつける位置によって種類が異なります。代表的な部分用ウィッグの種類は以下です。

前髪ウィッグ

ファッションに合わせて前髪の長さを変えたい人におすすめの部分用ウィッグです。取り付け部分をつむじより少し前に挿し込み、つむじ周りの地毛をウィッグの毛にかぶせるようにすると良く馴染みます。

襟足ウィッグ

襟足部分にのみ装着するウィッグです。エクステとほとんど変わりません。カチッと留めるタイプのアタッチメント式がほとんど。取りつける際は、地毛をハーフアップして残った地毛に襟足ウィッグのアタッチメント部分を挿し込みます

ヘアスタイル別ウィッグ

ミディアムヘアの女性に人気の部分用ウィッグです。ポニーテール用ウィッグやお団子ヘア用ウィッグなどが定番。使い方はシュシュで髪を束ねる感覚で、部分用ウィッグを使って地毛を束ねるだけ。とっても簡単ですが、地毛が短すぎる人は装着が難しいのが難点です。

つむじ用ウィッグ

つむじ周辺の髪が薄くなっているのをカバーするための部分用ウィッグ。人毛で作られていることが多いため、ほかの部分用ウィッグよりも相場は高めです。

あなたが挑戦してみたいヘアカットやヘアアレンジに使える部分用ウィッグはありましたか?とくに前髪ウィッグや襟足用ウィッグはどんな髪型の人でも使えるアイテムなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

部分用ウィッグのメリット・デメリット

部分用ウィッグのメリット・デメリットは以下です。

メリット

デメリット

部分用ウィッグの一番のメリットは手軽さ、デメリットは地毛の色が変わったらもうつけられない点でしょう。「ウィッグを使ったことはないけれど試してみたい!」という方にうってつけです。

ナチュラルに見える部分用ウィッグ選びのポイント

部分ウィッグの種類別に、ナチュラルに見せるポイントをご紹介します。通販で部分用ウィッグを購入する際に参考にしてみてください。

1. 前髪・つむじ用ウィッグは人口スキンがついているものをチョイス

前髪ウィッグやつむじ用ウィッグは、人工スキンがついているものを選ぶことでウィッグの違和感がぐんと減ります

2. 襟足ウィッグはダークカラーが複数色ミックスされたものがおすすめ

襟足ウィッグは真っ黒なものをはじめ単色カラーだと浮いてしまいます。地毛と馴染ませやすいのは、ブラック・ダークブラウン・ブラウンなど同系色が複数ミックスされた襟足ウィッグです。

3. ヘアスタイル別ウィッグはテカりがない毛質を選ぶ

お団子ヘアやポニーテールなど、部分的に取りつけたウィッグだけがテカっているとおしゃれには見えません。おしゃれなヘアアレンジに見せるには、地毛と馴染むテカりの少ない毛質のウィッグを選びましょう

部分ウィッグはちょっとしたアレンジで使える優秀アイテム、ハーフウィッグは小物使いが上手な方向きのアイテム。そしてフルウィッグは地毛の色に関わらず誰でもイメージチェンジできるアイテムです。どのウィッグにもそれぞれのメリット・デメリットがあるので、あなたが試してみたいヘアスタイルに合わせたウィッグを探してみてくださいね。

お気に入りが見つかる!女子のウィッグ通販ガイドを見る