おしゃれで自然な仕上がりのウィッグ通販店を調査

お気に入りが見つかる!女子のウィッグ通販ガイド

どのタイプがお好み?ウィッグの種類

  • ショートショート
  • ミディアムミディアム
  • ロングロング

顔型別の似合う髪型

「なんだか似合わない気がする…」と、髪型が決まらなくて困っている人は多いのではないでしょうか?それは、あなたが自分の「顔型」を知らないからかもしれません。ここでは、顔型のタイプ別に似合うヘアスタイルを紹介しています。自分の顔型がわかれば、理想の髪形に近づくことができますよ。

どんなヘアスタイルも似合う卵型

いろいろある顔型の中で、どんなヘアスタイルでも似合うのが「卵型」。卵型はもっとも理想的な顔型といわれており、全体的に丸みを帯びた細長い型をしていて輪郭が綺麗な楕円形になっているのが特徴です。目と目が近くにあるため小顔に見え、頬は角張ったところがないので柔らかな印象を与えます。

あこがれの卵型シルエットになるには?

あこがれの卵型に近づけるために大切なのが、髪形のシルエットを縦:横=3:2の「ひし形」に近づけることです。ここではそれぞれの顔型の特徴と、卵型のシルエットに近づける方法を解説しているので、参考にしてください。

丸顔の場合

縦の長さに対して、横のほうが長くなっているのが特徴の丸顔。頬がふっくらとしているので、髪形によっては幼い印象を与えます。

ひし形のシルエットにするポイント

トップにボリュームを持たせて、縦長のシルエットを強調するのが大切です。前髪に空きを作り、顔の内側ラインをひし形にします。サイドの髪にはボリュームを出さないようにしましょう。

丸顔の場合は、髪型をロングにするとひし形シルエットになります。すぐにロングにするのが難しいなら、ウィッグの着用がおすすめ。ロングウィッグの紹介をしているので、気になった方はチェックしてみてください。

おすすめロングのフルウィッグまとめを見る

面長の場合

面長顔は縦が長く横が短くなっています。面長顔は日本人にもっとも多い顔型。大人っぽく謙虚なイメージを持たれやすいのが特徴です。

ひし形のシルエットにするポイント

顔のサイドの顔にボリュームを持ってきて、ひし形ラインを作りましょう。縦にラインを強調してしまうと顔が大きく見えます。ストレートにすると顔の長さが強調されやすいので気をつけてください。

面長の場合は、髪型をショートにするとひし形シルエットになります。すぐにショートにするのが難しいなら、ウィッグの着用がおすすめ。ショートウィッグの紹介をしているので、気になった方はチェックしてみてください。

おすすめショートのフルウィッグまとめを見る

四角いホームベース型の場合

四角いホームベース型は、横の長さが縦の倍ほどあるのが特徴です。男性的ですが、おおらかで温かみのある印象を持たれます。

ひし形のシルエットにするポイント

トップにボリュームを出さないと、頭が四角く見えてしまいます。髪質のせいでボリュームが出ない人は、パーマをあててふんわり感を出しましょう

ホームベース顔の場合は、髪型をロングにするとひし形シルエットになります。すぐにロングにするのが難しいなら、ウィッグの着用がおすすめ。ロングウィッグの紹介をしているので、気になった方はチェックしてみてください。

おすすめロングのフルウィッグまとめを見る

逆三角顔の場合

顎のラインがシャープになった輪郭が特徴の三角顔。シュッとした顔立ちは、知的な頼れる印象を与えます。

ひし形のシルエットにするポイント

ポイントは、サイドの髪にボリュームを持たせることです。ボブにしないと、顎が強調されてキツイ印象を与えてしまいます。

逆三角顔の場合は、髪型をミディアムにするとひし形シルエットになります。すぐにミディアムにするのが難しいなら、ウィッグの着用がおすすめ。ミディアムウィッグの紹介をしているので、気になった方はチェックしてみてください。

おすすめミディアムのフルウィッグまとめを見る